盗まれたパスポートが戻ってきた!本当にあった奇跡の物語「後編」

投稿日:2019-05-11 更新日:

カンボジアでパスポートを盗まれて、その後手元に戻って来るという奇跡のような体験をしました。

今回は「後編」ということで、飛行機に乗る直前に起こったドラマのような物語を紹介します。

まだ前編を読んでない人はこちらを先にお読みください。

盗まれたパスポートが戻ってきた!本当にあった奇跡の物語「前編」

前回までのあらすじ

・2014年12月31日

女友達と一緒にカンボジアへ年越し旅行に行く。

・23:50
パスポートがないことに気付く。

・2015年1月1日 1:00
ホテルに戻ってもパスポートが無く、盗まれたことを改めて実感。

パスポートの発行の為には首都「プノンペン」へ行かないといけない。

幸い帰りの便はプノンペン経由の飛行機だった。

プノンペンに行く前に警察署に寄ってパスポートが届いてないか確認するが、届いていなかった。

以上が前回までのあらすじ。

突然届いた1通のメール

観光も終わって空港に着き、出発までの時間潰しをしていたら、携帯に知らないアドレスからメールが届いていました。英文だったので迷惑メールかなと思い開いてみると中にはこんな文章が。

"Dear madam
We find a passport of you so you can go to take at jasmin lodge this evening.thank”

これは実際に届いたメールです。英語はほぼ喋れませんが、
"passport" "find"の単語を見て
「パスポートを見付けたってこと?・・・いやいや!そんなことがあるか」と確信が持てなかったので、友達にもメールが届いたことを伝えます。

「これパスポート拾ったってことじゃないの?」
そう言われ、少し思考が停止しました。

えええ!まじか!
パスポート見付かった?
日本に帰れるの?

明るい未来が見えてきました!そうこうしている内にまた新しくメールが届きました。

"Madam we have found your passport at pub street so this evening you can go to take it at jasmine lodge near caltex petroleum station if no i will give it to police tourist at check point to Angkor wat thank.”

ちょっと英語が難しくなったので翻訳機に頼ってみました。

「あなたのパスポートをパブストリートで発見しました。今晩ジャスミンロッジに取りに来ていただくか、もし取りに来ることができない場合は警察署に届けに行こうと思っています。」

メールを見て一気にテンションが上がりました!

神様はいるんだなと改めて感じました。慣れない英語を使い、
「その場所に取りに行きます。電話番号を教えてください」と早速メールを返信します。

「今空港にいて、もうすぐプノンペン行きの飛行機に乗ります」
そうメールでやり取りをして、ジャスミンロッジで合流することになりました。

ジャスミンロッジの場所は空港から車で15分くらいの場所にありました。

・飛行機の時間は20時45分

チェックインの締め切り時間は20時。その時の時刻が19時。

「ギリギリ間に合う!」

そう判断し、タクシーがいる場所に向かいました。その時ちょうどアキレス腱を切っていたので(笑)、代わりに友達がダッシュで走ってタクシーを捕まえてくれました。

「ジャスミンロッジに行って欲しい!飛行機までの時間がないから急いで」

友達も英語が話せる方ではないですが、その時はなぜかスムーズに言葉が出てきた。そんなことを言っていました。本当に友達には感謝です。

タイムリミットは1時間!

・19:10

友達と別れ、私はタクシーに乗り込みました。「Hurry Up」とひたすら繰り返します。

「飛行機に間に合わなかったらどうしよう。」そんな不安も頭をよぎりましたが、

とりあえずパスポートがあるから日本には帰ることができる!間に合わなかったら飛行機のチケットを新しく取ろう。お金はなんとかなる。

そんなことを考えながら合流場所に向かいます。

その時は一分一秒がとてつもなく長く感じました。運転手さんも急いでくれたおかげで、10分ほどで到着しました。果たしてちゃんと合流できるのか。そこが一番不安でした。

目的地に着いたことを電話で連絡します。しかし英語が全く聞き取れずどこにいるのか全然分かりませんでした。

「ロビーにいる」と伝えても、全然伝わらず本当に困りました。

この時、言語の壁を実感しました。

このお互いに通じないやり取りは3.4分程続いたと思います。すると向こうから、「カンボジア人、カンボジア人」と連呼されてハッと気付き、運転手さんに電話をパスします。

「ここで待っていれば来てくれる」と運転手さんに言われて待っていたら、一台のバイクがこちらに近付いてくるのが見えました。

「あっ!この人だ!」となぜか確信を持ち、近寄ります。バイクの男性はパスポートを取り出して渡してくれました。

無事に私のパスポートが手元に戻ってきました。

私はお礼をしなきゃと思い、チップを渡そうとすると拒否されます。

「そんなのいいから早く空港へ向かいな」
たぶんそんな感じで言っていたんだと思います。

そう告げると男性はバイクでピューっと過ぎ去って行きました。行動がとても男前でした。お金で解決しようとした自分がすごい恥ずかしかった。

・19:30

パスポートも手に入り、安心して空港に向かいます。盗まれたパスポートが手元に帰ってくるなんて、本当に奇跡です。日本ならどうにかなるけど、ここはカンボジア。

パスポートが手元に戻ってくるなんて99%ありえないことです!その1%に入れたこと、本当に奇跡的で幸運なことです。

無事に空港に着いたのがチェックイン15分ほど前でした。本当にギリギリで最後の最後にどんでん返しがやってきました。作り話のような話ですが、全て実話です。

空港に入り、友達と再会すると安堵の表情を浮かべていました。めちゃくちゃ心配してくれていたみたいで、本当に心配かけてしまったなと反省。

そして私たちは無事に飛行機に乗り、日本に戻ってくることができました。めでたしめでたし。

「いやちょっと待って!何でそもそもメールが届いたの・・・?」実は今回あらゆる奇跡が重なっていたのです!

奇跡の連鎖

友達が海外用のwi-fiを持ってきていた

携帯をチェックできたのはwi-fiがあったから。私はカンボジアに訪れたことがあったけど、友達は東南アジア自体初めてだったので、とても不安そうでした。

「wi-fi持っていかなくても大丈夫だよ」と言ったんですが、「心配だから持って行く」と持ってきていたのです。wi-fiがなかったらメールを確認することもできなかったと思います。

メールアドレスを記入していた

カンボジアに入国する時、エボラ出血熱が流行っていた時期で、飛行機の中で黄色い紙を渡されました。そこにメールアドレスを書く欄があったので、普段は書かないのに、なぜかその時はアドレスを書きました。

その紙を私は無意識にパスポートにしまいました。その行動に救われました。

その紙が回収されなかった

パスポートを受け取って友達と合流した時に、同じ飛行機に乗る日本人に会いました。パスポートが戻ってきたことを話して、その紙にアドレスを書いていたから連絡が来たと伝えると、

「その紙入国する時回収されたよ!」

「ええー!そうなんですか?」

私と友達は驚きました。行きの便も私たちと同じ便だったみたいで話を聞いていると、「他の人もみんな回収されてたよ」というまさかの発言が。

本当は回収されるはずだったのに、なぜか私たちの時は「それ持ってなさい」と言われました。警備員のただの気まぐれだったかもしれませんが、私は奇跡のような体験をすることができました。

本当に人生何が起こるか分かりませんね。

パスポートを拾ってくれた方は本当に私の恩人です。その人にとってはただ何気なく行った行動かもしれませんが、そのお陰で私は無事に日本に帰国できました。それ以来カンボジアが大好きになり、去年も遊びに行きました。

もしパスポートを無くしてしまったり、盗まれた時はまず落ち着いて冷静になりましょう。むしろそんなトラブルをポジティブに考えられる思考を持ちましょう!

旅にはトラブルが付き物です。いつまでも起こってしまったことを後悔するのではなく、いかに今の状況を楽しめるか!そんな風に捉えられるとますます旅は面白くなると思います。




-カンボジア / CAMBODIA, 海外旅行 / WORLD TRAVEL
-, , , , , ,

Copyright© ろろたび , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.